プロミス アコム レイク

プロミスとアコムよりレイクをオススメするポイントは?

キャッシングを検討する場合は、知名度がある分、真っ先に思い付くのがプロミス、アコム、レイクではないでしょうか。
その他にも、アイフルやノーローン、モビットなど耳慣れた金融業者もありますが、やっぱり先の3業者がその中でも知名度が高いような印象があると思います。

 

いずれも大手の賃金事業者ですので、利率やキャッシング内容も大きくは異ならないのですが、そうはいっても、この3社には決定的な違いがあって、プロミスとアコムは消費者金融であるのに対して、レイクは、新生銀行のカードローンですので、銀行ならではのさまざまなメリットがあります。

 

レイクは総量規制外

プロミス、アコム、レイクを比較するなかで、ひとつ大きなポイントになるのが、総量規制に該当するのかしないのか、といったポイントが大きいのではないでしょうか。
総量規制に関しては、既にさまざまネットで解説されていますので、ここではあえて触れませんが、要するに、プロミス、アコムは賃金業法に該当する消費者金融ですので、年収の3分の1以上融資を受けることができませんが、レイクは銀行系カードローンですので、総量規制の該当しません。
つまり、年収に関係なく融資の申込みをすることが可能という点です。

 

それと、
長期間の無利息サービスがある点も、レイクの強みです。
プロミスとアコムも30日間無利息サービスが適用されますが、レイクにも同じように30日間の無利息サービスがあるのと同時に、実は借入が5万未満の場合、半年間無利息のサービスも用意されています。

 

つまり、プロミスやアコムの場合は、例え今回の借入が5万未満であっても、その無利息サービス期間は30日間が期限ですが、レイクの場合は、半年間、実に180日間無利息サービスが適用されるので、少額融資を希望の際は、圧倒的な優位性があります。
実際に、融資希望額が5万未満という希望額にどれくらいの方が該当するかは未知ですが、もし今回取り急ぎ5万未満の融資希望という場合は、まさにレイクに申し込むことで、利息の面で大きなメリットがあると言えます。

 

キャッシングならプロミス?、アコム?、レイク?

金融業界には、星の数ほど業者がありますが、その中でも「4大業者」と言われているものがあります。
ここではその中から、「プロミス」「アコム」「レイク」の3社について個々の特徴を詳しく確認してみましょう。

 

3社の共通点は、いずれも大手銀行の傘下に属している点です。
プロミスは三井住友フィナンシャルグループ
アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループ
レイクは新生銀行

 

また、いずれの業者も店舗に来店することなく、インターネットで申込から契約、返済までが可能です。
さらに、基本的に3社共通で即日融資が可能です。

 

その他、
*融資限度額が500万円以内であること、
*担保や保証人が不要であること、
*必要書類が原則、本人確認書類だけであること、
*それぞれのホームページ上で融資可否の簡易診断が出来ること、
などが挙げられます。

 

続いて、個々の特色を確認してみましょう。

 

プロミスのメリットは、金利の低さと言ってもいいかも知れません。
実質年率は4.5〜17.8%は、3社のなかでも良心的な利率設定です。
必要書類の提出がメールで可能という点もメリットかと思います。

 

アコムは、最短30分審査というスピード感を売りにしています。
それからプロミスで書き忘れましたが、プロミス同様、30日間の無利息サービス期間があります。

 

レイクも、無利息期間がありますが、200万円までの借入のうち5万円分を180日間無利息にするか、初めての利用に限り全額30日間無利息にするかを選択可能です。
その他、ATM手数料無料や、返済方式も選択可能(残高スライドリボルビング方式か元利定額リボルビング方式)な点も大きな魅力です。